梅雨の時期は腰痛が増える!?

毎年、梅雨の時期になると「腰が痛い」と言って施術を受けに来る方が多くなります。湿気が多いからそれが腰痛の原因とも言えますが、さらに正しく言うと 雨による気圧の変化が原因だそうです。

梅雨の季節は天気が不安定で晴れの日は気圧が高くなり 雨の日は気圧が低くなるという傾向があります。

気圧が低くなると「交感神経」が刺激され体内の血管を収縮させてしまいます。血管が収縮すると血液の流れが悪くなり老廃物などがたまり 腰の血流も悪くなるので腰痛を引き起こしやすくなります。

また梅雨の時期はぎっくり腰もふえます。特に普段から腰痛を感じている方は注意が必要です。

梅雨の腰痛、ぎっくり腰対策!

ゆっくりお風呂に入る体を温めて血流を良くすれば痛みを和らげることができます。

軽い運動をする代謝もよくなり体が活性化されるので効果が持続しやすいです。

体が冷えないようにする梅雨の時期は暑いのでエアコンをつけていることが多く、意外と体は冷えています。冷えると血流が悪くなるので、腰にタオルやカイロをあてるのもよいでしょう。

予防的なマッサージをする腰回りを重点的に行うことで血流がよくなり筋肉もほぐれます。

以上のことを試して梅雨の時期の腰痛予防・対策をしてみてくださいね。

 

マッサージ等で肩こり、腰痛、日ごろの疲れを癒したい方

是非 八王子駅北口近くの「ほぐし屋らくぅ」へお越しください

ほぐし屋らくぅ八王子駅北口店

電話で予約042-644-5522

★ネットで予約はこちらから★

ほぐし屋らくぅご案内