梅雨の時期は足がむくみやすくなる!?足裏マッサージで代謝を良くしてむくみを改善。

こんにちは
ほぐし屋らくぅ八王子店です。

 

梅雨の時期になると足がむくみやすくなります。それは梅雨の気候が関係します

梅雨の時期は気圧が急激に変化するため「自律神経」が乱れやすくなりまます。

「自律神経」は緊張状態の時に働く「交換神経」とリラックス状態の時に働く「副交感神経」とで成り立っていて、機構の変化やストレスなど外部からの刺激によって、内臓や血管の働きやホルモンバランスの調整をして 体を一定の状態に保つ働きをしています。

しかし梅雨の時期になると気圧が低くなり「副交感神経」が優位になり「自律神経」のバランスが乱れやすなるといわれています。

その結果、体温調整がうまくいかずに、湿度や温度のへ変化に体がついていかなくなり、だるさを感じたり「むくみ」をひき起こしたりします。

 

梅雨の時期のもう一つの特徴として、湿度の上昇があります。

湿度が高くなると汗が蒸発しにくくなり、汗をかきにくくなります。

汗は身体の温度調整をしているため、汗をかかないと体に熱がこもってしまいます。

このようなことが 続いていると水分代謝がうまくいかず「むくみ」の原因にもなってきます。

 

足の「むくみ」はほっておくと 足が太くなったり「セルライト」「下肢静脈瘤」の原因にもなります。

お風呂に入ったり、適度な運動をしたり、マッサージをすることは「むくみ」の解消となります。

快適に過ごすためにも、「むくみ」のない生活を心がけてはいかがでしょう。

 

マッサージ等で肩こり、腰痛、日ごろの疲れを癒したい方

是非 八王子駅北口近くの「ほぐし屋らくぅ」へお越しください

ほぐし屋らくぅ八王子駅北口店

電話で予約042-644-5522

★ネットで予約はこちらから★

ほぐし屋らくぅご案内