雨の降り方で空気中のマイナスイオン量が変わります。

こんにちは
八王子のマッサージ店ほぐし屋らくぅです。

本格的に梅雨らしい季節になりましたね

雨の降る日は「気分が滅入る」「眠くなる」と感じる方もいれば

「気持ちがいい」と感じる方もいらっしゃいます。

皆さんはどちらでしょうか?

でも、この気分も違いは「雨が好きか嫌いか」という好みの問題だけではなく

「どんな雨が降っているかで気分が変わると」という研究結果が出ています。

 

それは「しとしと」降っている雨と「ザーザー」降っている雨の時のイオンの違い

しとしと雨のときは、空気中のマイナスイオンが流されてしまうため、プラスイオンが多い状態になります。

しかも、しとしと雨のときは湿度が高いことが多いため、気分がうつうつとし、優れない状態になります。

梅雨になると「気分が滅入る」「体調がすぐれない」という人は、マイナスイオンが関係しているからかもしれません。

 

逆にザーザー雨の時は地面に水しぶきが上がり、滝のようにレナード現象※が起こりマイナスイオンが発生します。

「雨の降る日は気持ちがいい」と感じた方は、ザーッと降る雨を想像したかもしれませんね。

マイナスイオンは気分を爽快にしてくれる効果があり、特に雨が止んでスッキリ晴れた時はマイナスイオンがグーンと増えるので、お部屋の窓を開けて空気の入れ替えをするのもいいでしょう。

 

マッサージ等で肩こり、腰痛、日ごろの疲れを癒したい方

是非 八王子駅北口近くの「ほぐし屋らくぅ」へお越しください

ほぐし屋らくぅ八王子駅北口店

電話で予約042-644-5522

★ネットで予約はこちらから★

ほぐし屋らくぅご案内